タクシー運転手の給与

運転手

どのくらい稼げるのか

タクシードライバーの平均年収としては、場所や勤めている会社によっても変わっていきますが、全国では約300万円、東京都内だと400万円と言われています。ほとんどのタクシードライバーの方は、完全歩合制のため、同じ会社のタクシードライバーだったとしても年収は異なることがほとんどです。完全歩合制のため、稼げないこともあるのではないかと考える方もいますが、しっかりとタクシードライバーの仕事をこなせば年収は300万円を下回ることは無いと言われています。全国的に売り上げの50%が給料として支払われ、東京都内の場合は売り上げの60%前後が給料として支払われています。また、この業界は勤務日数も11日〜13日と少ないのも特徴となります。日数は少ないように思えますが、平均稼働時間としては18時間と非常に長い時間働くため、体力が必要な仕事となります。18時間の内、3時間以上の休憩が必要となります。勤務時間は長いですが、時間が経つのが早いと感じるというタクシードライバーの方が多いです。全国平均と東京都内の年収の差がある理由としては、東京の電車は非常に人で混んでいるため、タクシーで移動するという方が多い傾向にあります。そのためタクシードライバーの稼働も高くなり、年収も上がることになります。タクシードライバーによっては平均年収よりも稼げていない方もいれば、年収が600万円ほど稼いでいる方もいるので、ただ運転するだけでなく、稼げる工夫も必要となっていきます。